横浜市緑の協会のご案内

よこはまのどうぶつえん
ボタン
緑化推進
ボタン
公園・施設・駐車場
ボタン
山手西洋館
ボタン
海の公園
上郷・森の家
その他コンテンツ
ボタン
ホーム > 山手234番館

山手234番館

住所
横浜市中区山手町234-1
開館時間
9:30~17:00(7・8月は18:00まで延長)
休館日
第4水曜日(祝日は開館し翌日休) 年末年始(12/29~1/3)
TEL・FAX
045-625-9393

地図情報

山手234番館について

エリスマン邸の斜め前、山手本通沿いに建つ山手234番館は、昭和2(1927)年頃外国人向けの共同住宅(アパートメントハウス)として、現在の敷地に民間業者によって建設されました。関東大震災により横浜を離れた外国人に戻ってもらうための復興事業の一つとして建てられ、設計者は、隣接する山手89-6番館(現えの木てい)と同じ朝香吉蔵です。
建設当時の施設は、4つの同一形式の住戸が、中央部分の玄関ポーチを挟んで対称的に向かい合い、上下に重なる構成をもっていました。3LDKの間取りは、合理的かつコンパクトにまとめられています。また、洋風住宅の標準的な要素である上げ下げ窓や鎧戸、煙突なども簡素な仕様で採用され、震災後の洋風住宅の意匠の典型といえます。
建築後、第2次世界大戦後の米軍による接収などを経て、昭和50年代頃までアパートメントとして使用されていましたが、平成元(1989)年に横浜市が歴史的景観の保全を目的に取得しました。平成9(1997)年から保全改修工事を行なうとともに、平成11(1999)年から一般公開しています。1階は再現された居間を中心に山手地区の洋館のパネル展示、2階は貸し出しスペースとして、ギャラリー展示や会議等にご利用いただけます。